スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


メールのクラウド化(2)Gmailの設定

メールのクラウド化、設定編です。

Gmailのアカウントを作って、そこに会社と個人のメールを集約します。
まずは、Gmailの設定ページを開きます。





■受信(POP3)のアカウント設定
[1][アカウントとインポート]をクリックしてアカウントを作りましょう。
受信はPOP3を使いますので、下の方の[2][自分のPOP3メールアカウントを追加]で会社のアカウント(shikumi.co.jp)と個人のアカウント(e-mail.jp)を追加します。このときに、アカウントごとにフォルダ分けをしたいので、[受信したメッセージにラベルを付ける]にチェックを入れます。(デフォルトではPOPサーバー名が作られていますが、後で変えられます)

■送信(SMTP)サーバの設定
送信もちゃんとそれぞれのサーバーを使って行いたいので、送信サーバも登録します。
そのために、[3]の[メールアドレスの追加]を行います。SMTPサーバやユーザー名、パスワードを入力してshikumi.co.jpとe-mailの両方の送信サーバを登録します。受信したアカウントと同じサーバで返信したいので、メールを受信したアドレスから返信する、を選択しておきます。

私の場合、Gmailのアカウントは使わなくてshikumiのメールがメインなのでこちらをデフォルトに設定します[4]。


これで、ラベルで各アカウントフォルダに振り分けてくれるので、メールが全部受信トレイに集まってしまうことが若干意に反しますが、一応やりたいことは実現できました。

でもまだこれじゃ不十分です。
それぞれのアカウントごとに送信済みメールを管理したいのです。

そこで、[ラベル][新しいラベルを作成]で各アカウントラベルの下に送信済みラベルを作ります。




こんな風に。
あとは、自動でここに振り分けて欲しいので、from指定で各送信済みラベルへのフィルターを作ります。


全ての受信メールに・・・とか書いてあるので送信メールも大丈夫だろうか、と不安になりますが、ちゃんと振り分けてくれました。

几帳面な人はきっと各アカウントの下にさらにフォルダ(ラベル)を作ってメールを分類するのでしょうが、私は検索すればいいやと思っているのでここまでしか設定しません。


これでGmailの設定は完成です。
でも、ブラウザでメールする分にはこれで十分でも、私は普段はメーラー(Thunderbird)で作業がしたいし、ネットに繋がってない時にもメールデータを見たいときがあるし、ローカルにバックアップ的にデータを持っておきたいんです。


そこで、次回はThunderbirdの設定です。




メールのクラウド化(1)

外に出ることが多いので、メールをクラウド化したいなぁとずっと思っていたのだけれど、なかなかやりたいこと全てができるサービスが見つけられなくて、実行できずにいました。

が、ついにできました!ちょっと不満はあるけど、まあまあ合格です。
有料でもいいから、といろんなサービス調べたり試したりしたけど、結局Gmailになりました。。。またgoogleかぁと思うけど、いいサービス作るんだからしょうがないよなぁ。


やりたいこと、とは。

・会社のメールアカウント(shikumi.co.jp)と個人のメールアカウント(e-mail.jp)の両方を別アカウントとして使いたい

・両方のアカウントのメールが受信できるだけじゃなくて、送信時のSMTPサーバもそれぞれのものを使ってメールを送り分けたい

・でも両方とも一つの場所にまとめたい(1カ所見に行けば両方見られる)

・PCで見ても、iPhoneで見ても、さらによそのPCで見ても、どこかで読んだものは既読になっていて、どこかから返事を書いたメールは、それぞれのアカウントごとに送信済みメールとして保存されていてほしい

・WEBメールのようにメールをブラウザ上で読んだり書いたりするのは嫌いなので、PCでもiPhoneでもメールアプリを使って読んだり書いたりしたい

・データはクラウド上のあるだけじゃなく、ネットに繋がっていない時でも過去のメールがちゃんと読める(メールデータがローカルに保存されている)ようにしたい


・・・こんなところかな。
いつもローカルのPCでやってたことをそのままクラウド上でやりたいだけなんですけどねぇ。

全部要望を満たすのは意外と難しかったんですよ。
でも、設定とかいろいろ工夫したらほぼできてるので(今のところ)、自分が忘れないためともしかしたら同じことしたい人がいるかもしれないので記録を残すことにします。

長くなりそうなので、続きは次回。

はじめてのちゅう国

ちょっといろいろ考えていることがあって、なかなかブログ書く気にならずに2ヶ月も経ってしまいました。
それについてはまとめるのに時間かかりそうなので次の機会に書くとして、軽く近況報告をば。


先日、仕事というか遊びというか(そもそも大して差がないけれど)で上海・北京に行ってきました。Woolyというフリーペーパーの企画しているGutaraNightというDJイベントの中国版に(なぜか)ちょこっとVJとして?!参加することになったんです。

gutara night Shanghai 10.15


まあ、VJといってもシュンスケがやるってことは、ちゃんとしたVJをするわけもなく。音楽に反応するインスタレーションをVJ風にアレンジして、ライブの声に反応するように設置したのですよ。音のボリューム等はリアルタイムで調整してたので、DJブースにいてなんかそれらしい操作をしてるげにパフォーマンスしました(笑)。



こんな感じのハコです。



こっちがDJブース。
調整中の鶴田さんとFangちゃん。



卓にPCを持ち込んで、二つのプロジェクタに繋ぎました。
入力は、音楽とFangちゃんの歌声をラインでIN。
こういうことはしたことがないとのことで、お店のスタッフにはお手数をおかけしました。

Play中の映像はないんですが(やってたので)、なかなか勉強になりました。楽しかったし。
こういう、クラブ系に向いているシステムの作り方があるなぁと実感しました。そのまま持って行っただけだといまいち伝わらないですね。わかってはいたけれど、実感すると違います。

まじめにVJやってみたくなりました。
いかにリアルタイムに音や動きを気持ちよく映像に反映させるかって、まだまだ作り込む余地ありですね。


上海でDJナイトの翌日は北京に飛んで今度はパネルディスカッションとライブでした。
場所は、アート村のようなギャラリー密集地。

その中の一つのギャラリー貸し切りでの実施です。



こんな感じ。



中国側から二人、日本側から二人のパネリスト(奥から4人)とコーディネーター&司会者(手前の二人)で「アートについて」という壮大なテーマ(笑)でディスカッションしました。
まあ、シュンスケは相変わらず適当なことしゃべるだけですが。

その後、日本で活動中の中国人アーティストFangちゃんのライブをしくみのインスタレーションとのコラボで実施しました。
歌声をPCに入力してリアルタイムで周波数解析をし、それに応じて映像が生成されるというものです。Sound Boundという名前で、九大の伊都キャンパスにも設置しています。

映像はこんな感じ。



見てるだけで結構気持ちいいんですよ。
アーティストの後に大きく映像を映した方が気持ちよさそうです。
課題もいろいろ出てきましたが、初めてにしてはまずまずだったかな、と思います。

あ、もちろん中華もしっかり食べましたよ〜。



ごちそうさまでした♪


ウケた!

やってきましたよ、南海キャンディーズの山ちゃんとのお笑いライブ「チョコバナナmix2」。
おもしろかったぁ。



いやぁ、山ちゃんは天才ですね。

山ちゃんの願いを叶えます、ということで、いろんなコンテンツを用意しました。
がっつり本番までに制作を間に合わせてくれたマコト&フク&マッシー、そして当日のネットワークトラブル回避を助けてくれたイクちゃん、ホントにありがとうございました。

詳しくは↓ここに記事がありました。

ヨシモトニュースセンター

やってる方はちょー楽しかったのですが、観に来てくださった方の感想はいかがだったでしょうか?
感想等教えていただけるとうれしいです。

あ、同じコンテンツ自分もやってみたーい!という方は弊社まで遊びに来ていただくか、シュンスケまでご一報ください。




お笑いライブします!

WebDesigning誌の企画で実は着々と(?)進めてられていた「チョコバナナプロジェクト」。ついにライブの日程が決まり、チケットの販売も開始されていました。



ある日の打合せの様子(チョコバナナプロジェクトサイトより)。

8月21日(日)ヨシモト∞ホールにて、南海キャンディーズの山里さんと、シュンスケとで90分のライブをおこないます!

詳しい内容はここでは書けませんが、山里さんを映像処理や音声処理等を使っていかに(おもしろく?!)演出をしていくかがシュンスケの役割です。
・・・打合せをしていくウチに結構なボリュームになってしまったので、マコトやフクイが大変なことになっています。。。(よろしくお願いします m(_ _)m )

楽しいライブになるといいな、と思って準備中です。
良かったら見に来てくださいね!



チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1133203

チケットよしもと
http://ent-yoshimoto.pia.jp/


ウィークリーふくおか

先月、福岡市からの依頼を受けましてJ:COMの「ウィークリーふくおか」いう番組に出演いたしました。

福岡でがんばっている(?)人を特集するコーナーだとのこと。



これが取材中の様子ですが。。。
レポーターの方と僕と、見た目も服もかぶっちゃってますね〜。

ここに映像がありましたので、良かったら見てみてください。

オフィスの様子やスタッフのコメントなんかも見られます。
シュンスケはどんなヒトですか?という質問がされてます。実際はもっとひどい言われようでしたが(笑)、それなりに聞こえるように編集していただいていました。

福岡、いいところですよ〜!


またビールかよっ

ツイッターは書けるけどブログがなかなか書けないのは、気負いがあるからかな。
ちゃんといい記事書かねば、と気負ってしまう。でもよく考えたら一日100ビューくらいしかないんだから気にしなくていいんだよね〜。

というわけで、懲りずにビール。
写真撮り続けてたらたまっちゃったんですよ。

まずはこれ、「Lindemans Pecreresse(リンデマン・ペシェリーゼ )」。
完全にジャケ買いです。ラベルがかわいかったので。



飲んでみたら、味もかわいかった(笑)。
ピーチのランビックでした。
これは完全に桃ジュースですな。


つづいてタイの代表的なビール。「SINGHA(シンハー)」



このビール、タイで飲むとめちゃくちゃうまいんだけど、日本で飲むとそうでもないんだよね。なんででしょ。
現地ではグラスに氷入れてビール注いで飲むんですよね。
あー、タイに行きたくなってきた。。。
・・・と思い立って、実は沖縄離島に行っちゃいました♪ えへ。



つづいては「LION STOUT」
スタウトなので、黒ビール系です。



一時期ギネスにはまっててスタウト好きでしたが、最近は好みが変わってきてそうでもないのでどうかな・・・と思っていましたが。
まあ、なかなかおいしかったように思います。
ていうかこれもジャケ(ラベル?)買いです。


次は「Warsteiner」ドイツビールのようです。



なんていうか、まあ、普通のビール。記憶に全然残ってないですごめんなさい。


そしてこれも味の記憶がない。。。
「FOSTERS」オーストラリアのビールだそうです。




というわけで今日はこのへんで。


ビールまとめて

味の評価を書くのがめんどくさくなって(^^;)しばらく書いてなかったビール日記ですが、写真だけは撮ってたので一気にUPしちゃいます。
記憶に残ってるやつだけコメント。

「Moretti」イタリアのビールです。
ちょっと赤みがあって濃いめ。イタリアのビールは軽いイメージが(なぜか)あったんですが、結構しっかりしてます。




「Tsunami」ハワイのビールです。
炭酸がすっごく強い、パワーのあるビールです。
吹き出るので開封に注意って書いてあるくらい。パンチがあってなかなかおいしかったように思います(ちょっと記憶が曖昧)。




「1664 BLANC」フランスでよく飲まれているビールの、白ビールタイプ。
フランスに旅行に行ったときにはよく飲んでました。
あまーくてかるーいので、女性にも好かれるんじゃないかなぁ。フランスだし。




「白濁(しろにごり)」ベルギーのビールだそうです。日本語だけど、ベルギーで作ってるらしい。
味は甘くて軽いさわやかな感じ。昼間に仕事しながら飲めちゃう。

缶が逆さまなのは、注ぐときに酵母がちゃんと出てくるように上下ひっくりが江して陳列するためのようです。




「和」これも日本のラベルだけど、ドイツのビールらしい。
味は全然印象がなくて覚えてません。。。




「Pilsner Urquell(ピルスナーウルケル)」有名でスタンダードなピルスナーです。
ああ、ビールだなぁって感じ。




「HOFBRAU (ホフブロイ)」これもピルスナー。
ピルスナーは、ああ、ビールだなぁという感想しか出てこない。。。
気にせずガンガン飲めちゃう感じ。




・・・今日はこのへんで。

屋久島行ってきた!【登山編(2)】

気を抜いてたら、あっというまに時間が経ってました。。。
ツイッターが楽ちんすぎてブログ書くのが面倒になってしまう。ホントは目的も性質も違うんだけどね〜。

実は屋久島の登山の様子を書こうとしてて、途中で、あー、これって行ってみないと文章じゃ全く伝わんね〜っという無力感を味わいまして、筆が止まってました。

というわけで。
細かいこと書いてもどうせ伝わらないので、このブログを見た人は四の五の言わずに屋久島行ってください。

写真だけちょっと貼ります。

出発!



最初はちょっと雨っぽかったんですが、すぐに。
晴れてきた!



そしてこれが有名な、ウィルソン株の中から見えるハート



途中でお弁当♪


宿で用意してもらったものです。
お味噌汁はガイドさんが持ってきてくれてました。うまいわ〜。


そして、縄文杉到着。



・・・ね?
写真で見ても、ふーんって感じでしょ?

でもみんな満足げ。
うおっしゃ!


・・・あ。
なぜかマコトがいませんね・・・(^^;


縄文杉にたどり着いたら、あとは5時間かけて同じ道を帰るだけです。


帰りは心なしかうつむき加減ですな。
ヘトヘトですし。
シュンスケは左膝の後十字靱帯が切れちゃってるので、帰りはだんだん痛くなってきてます。


帰りは、途中の河で一休み。


靴を脱いで、足をひたすとキモチイイ♪


そして無事到着。



疲れた感を演出した写真です。
ホントはもうちょっと元気でしたよ(笑)。


いやあ、よい社員旅行だった!
山の次は海かな〜。
来年は、ダイビングっちゃいますかね。


屋久島行ってきた!【登山編(1)】

うーん、気を抜くとブログ更新しなくなるなぁ。。。
そもそもそんなに人に発信したいことがないんだろうな、俺・・・(^^;

それはさておき。
前回の装備編を参考にしたと言ってくれた方がいたので、それを心の糧にブログ更新します(笑)。

今回の旅行は、敏腕マネージャーのテツヒサが全部仕切ってくれました。
行きと帰りは違うルートがいいよね〜とか、温泉はいりたいな〜とか、みんなの(ていうかシュンスケの)わがままを全部盛り込んだツアーを作ってくれました。

なので、行きは博多から鹿児島まで九州新幹線、鹿児島から高速船で屋久島までのルートです。



鹿児島港。
今にも雨が降りそうな雲の中、高速船がやってきました。

なんてったって、台風はそこまで来てるし、天気予報も降水確率100%ですからね。
でも屋久島に着いたらちょっと青空が覗いてたりして、期待は膨らみます。



この日は登山靴等をレンタルして、明日に備えて体を休めるだけです。
港から乗ったタクシーの運転手さんがよくしゃべる人で、ガイドなんていらないよ〜とか縄文杉はたいしたことないよ〜大変なだけだよ〜とか、地元の人はもっと違うところを見て欲しいんだよ〜とかいろいろ話していました。

・・・でもまあ、今回は初めてだし何も知らないのでいいんですっ。

屋久島ガイド協会でレンタル品の確認や受け取り。
愛子岳が見えました。



そして「縄文の宿まんてん」へ。
温泉です♪

夜は飲みながら一つブレストをして、翌日朝5時出発なので早めに寝ました。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links