<< あのワークショップコレクションで大好評だったiPadアプリがついにリリースされました! | main | 失敗について >>

スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


赤ちゃんが絶対泣きやむ方法

子供が生まれて1ヶ月半くらいですが、夜泣いて寝てくれないということは、ほとんどありません。
いろいろ実験してみて、いい方法を見つけました。

事の発端は、妹(2児の母)に夜泣きとかしたら嫌だなーという話をしたことでした。
後日、こんな本が送られてきたのです。


・・・この本の通りにやったらバッチリでした、というわけでもないのですが、これを元にグッズを探したりして勝手にアレンジしたらバッチリになりました。


ものすごくざっくりと本の内容をまとめると。

・赤ちゃんは、あと3ヶ月お腹の中にいたかった
 (でも人間は頭を発達させたばかりに外に出なければいけなくなった)
・なので、3ヶ月まではお腹の中と同じようにしてあげれば落ち着いて泣き止む

なるほどねーって感じで納得しました。
よく、生まれてから3ヶ月まではおっぱい飲んで寝るだけだよ、とか、3ヶ月すぎると笑うようになるよ、とか聞いていたので。

本には5つの具体的な方法が書いてありますが、そこから自分流にグッズを組み合わせた方法を以下に書きます。

あ、おっぱいとかおしっことかうんちの場合にはどうしようもありませんので、そちらが解決したあとの話です。


(1)しゅーーーーーーーっていう

本にはシーって言いましょうって書いてありますが、効果があったのは、静かにしてねの「シーッ」みたいな生やさしいものじゃなくて、アルファベットで書くと「Shhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh」って感じの言い方です。母音を言わずに子音だけで、できるだけ大きな声で、長〜く、蒸気機関車になった気分で耳元で「しゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」っていうと泣いててもほとんど泣き止みます。

あまりの効果にびっくり。
お腹の中は、羊水が満たされてて血液がガンガン流れてて外の音もして騒々しいんだそうです。それに近い音がシューッなんだそうな。


(2)もふもふバスタオルでぐるぐるにする

うちではもふもふバスタオルが大活躍です。
赤ちゃん用に買ってよかったものベスト3に入ります。
↓これです。



博多駅の阪急をウロウロしているときに、一目惚れで買いました。
手触りが全く違います。ほかのタオルが使えなくなります。

しかも、半分に折ると正方形になるしサイズが丁度いいんですよ。
半分に折ったタオルを斜めにおいて、赤ちゃんを角に頭が来るくらいにおいて、足側→左右の順番で包むだけです。


(3)まるまっている状態にする

だっこするときも、寝かせるときも、エコー写真で見たお腹の中にいるときみたいにまるまるようにしてあげると、落ち着くみたいです。

まるく抱っこして、揺らしながらSHHHHHHHHHって言ってるとたいてい寝ちゃいますが、寝ちゃったあとベッドに置こうとすると察知して起きるんですよね。

そんなときに、まるまった状態のまま寝かせるグッズがありました。

その名もおやすみたまご


うちではカステラと呼んでいます。
寝ちゃったあとここに形を作って寝かせると、ぐっすり寝ます。
2時半くらいにミルクを上げて寝かせたら、7時くらいまで寝てくれます。


まあ、こういう方法は、どうやら、3ヶ月までしか通じないみたいなんですけどね。
これから生まれるという人や生まれたばかりという人がこのブログを見るようなことがあれば是非ご参考にどうぞ。



・・・ところで、後日、妹に本のお陰でバッチリ寝かせられるとお礼を言ったときの返事。

「よかったね、私その本読んだことないから次の子の時には参考にするわ」

・・・。




スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • 01:47
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links