<< メールのクラウド化(4)スマートフォンの設定 | main | 2012年に向けて。 >>

スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


メールのクラウド化 まとめ


4回に分けてGmailでメールをクラウド化する手順を書いてきました。

(1)やりたいこと


(2)Gmailの設定

(3)Thunderbirdの設定


(4)スマートフォンの設定

晴れてクラウド化できたので、しばらく使っていると、残念な点も見えてきます。

■良い点
・出先で過去のメールが確認できる
 まあ、そもそもこれがやりたかったので

・バックアップを気にしなくていい

・よくいわれているように、Gmailの迷惑メールの仕分けの精度が高いので受信箱がスッキリして不要なメールがほとんど無くなった
 今までは、朝まず迷惑メールを消すことから始まっていたのだけれどそれが無くなったのはかなり楽ちんです。

■気になる点
・Gmailの「POP3を使ったメッセージの確認」で、サーバーに確認に行く頻度を指定できない
 指定できません、ってgoogleさんが断言してるのでしょうがないですね。
 頻度は自動で決められてしまうんだそうです。
 何が問題かというと、今メール送ったよ、といわれてすぐに確認できないのですよ。
 なんとなく、頻繁に手動で確認して、よくメールが来てると頻度が上がるきがします。

・Thunderbirdで「受信トレイ」から返信するとラベルで作られているSHIKUMIフォルダにある同じメールに返信した矢印が付かない
 これもしょうがないですね。

・iPhoneでもThunderbirdでも受信トレイとSHIKUMIトレイとe-mail.jpトレイとをそれぞれ選択しないとサーバーに見に行ってくれない
 結局受信トレイだけを使うようになっちゃいました。せっかくラベル分けしたのに〜。でもGmail内ではちゃんと分かれているので、データを保持的には分類されているからいいかぁと思ってはいます。


そんなわけで。
誰かの参考になればうれしいです。
ではでは。


スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • 19:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links