<< メールのクラウド化(1) | main | メールのクラウド化(3)Thunderbirdの設定 >>

スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


メールのクラウド化(2)Gmailの設定

メールのクラウド化、設定編です。

Gmailのアカウントを作って、そこに会社と個人のメールを集約します。
まずは、Gmailの設定ページを開きます。





■受信(POP3)のアカウント設定
[1][アカウントとインポート]をクリックしてアカウントを作りましょう。
受信はPOP3を使いますので、下の方の[2][自分のPOP3メールアカウントを追加]で会社のアカウント(shikumi.co.jp)と個人のアカウント(e-mail.jp)を追加します。このときに、アカウントごとにフォルダ分けをしたいので、[受信したメッセージにラベルを付ける]にチェックを入れます。(デフォルトではPOPサーバー名が作られていますが、後で変えられます)

■送信(SMTP)サーバの設定
送信もちゃんとそれぞれのサーバーを使って行いたいので、送信サーバも登録します。
そのために、[3]の[メールアドレスの追加]を行います。SMTPサーバやユーザー名、パスワードを入力してshikumi.co.jpとe-mailの両方の送信サーバを登録します。受信したアカウントと同じサーバで返信したいので、メールを受信したアドレスから返信する、を選択しておきます。

私の場合、Gmailのアカウントは使わなくてshikumiのメールがメインなのでこちらをデフォルトに設定します[4]。


これで、ラベルで各アカウントフォルダに振り分けてくれるので、メールが全部受信トレイに集まってしまうことが若干意に反しますが、一応やりたいことは実現できました。

でもまだこれじゃ不十分です。
それぞれのアカウントごとに送信済みメールを管理したいのです。

そこで、[ラベル][新しいラベルを作成]で各アカウントラベルの下に送信済みラベルを作ります。




こんな風に。
あとは、自動でここに振り分けて欲しいので、from指定で各送信済みラベルへのフィルターを作ります。


全ての受信メールに・・・とか書いてあるので送信メールも大丈夫だろうか、と不安になりますが、ちゃんと振り分けてくれました。

几帳面な人はきっと各アカウントの下にさらにフォルダ(ラベル)を作ってメールを分類するのでしょうが、私は検索すればいいやと思っているのでここまでしか設定しません。


これでGmailの設定は完成です。
でも、ブラウザでメールする分にはこれで十分でも、私は普段はメーラー(Thunderbird)で作業がしたいし、ネットに繋がってない時にもメールデータを見たいときがあるし、ローカルにバックアップ的にデータを持っておきたいんです。


そこで、次回はThunderbirdの設定です。




スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • 23:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links