<< JR博多シティ | main | 自粛の自粛なのだ >>

スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


自分たちだからできること

しくみデザインは、福岡にあるため地震による影響はありませんでした。
幕張メッセにイベント設置で行っていたマコトも、翌日には無事に帰宅できました。

でも、週明けには仙台に打ち合わせに行く予定だったんです。
半分東京な生活をしているシュンスケは、東京で地震に遭遇していてもおかしくなかったんです。
なんていうかもう、人ごとじゃないんです。

福岡で無傷だったのは、これは何かおまえのできることをしろと言うことなんだと思いました。

とはいえ、うちのシステムはPCがないと動かないため、電気が無いと動かない。今は少しの電気も惜しいときです、とても相性が良いとは言えません。

何に使えるかわからないモノを送っても本当に役に立てるのかわからないし、当面は寄付をするしかできることはないのかな。調べたところ、寄付サイトで東北地方太平洋沖地震被害救済の寄付を受け付けていました。

JustGiving (https://justgiving.jp/c/1515)というサイトです。

とりあえず、個人的に5万円寄付しましたが、これじゃ焼け石に水だろうと思います。
でも、みんなでちょっとずつでも合わせれば大きな力になるので、このブログを見てくれている人はほんの少しだと思うけど、何かしたいと思ったらぜひ協力をお願いします。

会社としては週明けに改めて考えよう。。。


それだけじゃなくて、自分たちだからできることは何かないだろうか・・・と思っていたら、さとなお(@satonao310)さんのこんなツイートを見ました。
「その通りですよ。数日後から「笑い」はとても救いになります。ぜひ「笑い」にできることを! RT @yoshidamasaki: いつも、こんな時笑いは日蔭者になるのだが、阪神・淡路のとき被災者が一番喜んだのが笑わしてくれたことというのを鶴瓶師匠から聞いたことがある。」

ああ、これなら力になれるかも。
うちはみんなを笑顔にするしくみをデザインする会社です。
今は救助が第一でうちの出番はないけれど、しばらくして落ち着いて、電気も使えるようになってきたときに出番があるかもしれない。
みんなが笑えるような体験のできる場所を提供する、そんな手助けだったらできるかもしれない。

どんな人も思わず笑顔になっちゃうようなコンテンツを、今のうちに考えておこう。
できればPCやディスプレイを持っているようなハードやさんにもご協力いただいて、楽しい空間をつくれるように準備をしておこう。

ああ、なんだかじっとしてられないが、だからといってなにができるという訳じゃないなら無駄な電気や通信トラフィックを使わないようにもう寝よう。



スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • 00:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links