<< ビール日記 | main | ワークショップコレクション >>

スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Playful City 201x 企画会議

先日、慶応大学三田キャンパスでこんなイベントが開催されました。

慶応大の武山さんからオファーいただきまして、パネラーの一人として参加しました。
まあなんというか、面白い人たちばかりでした。まずは一人5分〜7分で自己紹介と活動紹介・・・でしたが、時間が短いのでみんな駆け足で紹介するのだけど、あっというまに制限時間になってしまってバタバタな感じに。
こういうパネルディスカッション系の最初のパネラー紹介ってつまらないことが多いのだけど、今回はそれぞれもっと話を聞きたい、って思いました。自分の番では、とにかくデモをいっぱい見せようと思ったのですが、5分は短かったなぁ。

その後のディスカッションも、もっといろいろ話聞きたかったし、意見も言いたかったので、時間が短くてちょっと不完全燃焼な感じが否めませんでしたが、第一回企画会議と言うことでしたので今後も何回かあるのだと期待しています。

詳しい内容は、きっと武山さんがまとめてくれるでしょうから割愛するとして、それぞれの方の個人的な印象をつらつらと書き散らします。

・植木 淳朗さん(Surroundings代表、KMD講師、エモーションデザイナー)
あ、これ作ったのこの人だったのね、と言うのが第一印象。ディスカッションではあまり発言されなかったのですが、その後の2次会でお隣だったのでいろいろお話しできました。なんと、実は福岡に縁のある方でした。26日のワークショップコレクションでもご一緒するようです。なんだか今後も接点がいろいろありそうな予感。

・江渡 浩一郎さん (産業技術総合研究所研究員、アートとテクノロジーと思想を横断する人)
実は、長崎で温泉に一緒に入ったことがある方でした。7月の講演が温泉地泊まりがけだったので、参加された研究者の方達と温泉入ったんですよね。
名前と顔が一致してませんで、今回のメンバー見ても知らない人だと思っていました(すみません)。メディアアート系から研究者になられたタイプで、僕が進みきれなかった道を歩まれています。あまり話ができなかったので、一度ゆっくりとお話ししたいです。

・加藤 隆生さん(SCRAP代表、リアル脱出ゲーム/空間ゲームプロデューサ)
この方はおもしろいかった。今回、一番オーディエンスのハートを掴んだ人を選べ、と言われたら加藤さんが選出されるでしょう。テキトー具合と芯の持ち具合と生き方のコンセプト(?)みたいなのが僕と非常に似ている気がしたので、多分気が合うんじゃないかと思いました。やってることは全然違うけど。一緒に飲みに行くと楽しそうなので、東京行くときに連絡すると思います(と、勝手に宣言)。

・久納 鏡子さん(plaplaxアーティスト、インタラクティブデザイナー)
今回のメンバーの中で唯一ちゃんと面識のある方でした。そして僕がやってきたことに一番近いと言えます。同じくらいの時期に、同じようなことを始めて、同じようなものを、全く違うコンセプトと展開の仕方をしている方なので、話をしていてとても面白いのです。江渡さんとはまた違う方向で僕が進みきれなかった、アーティスト路線で成功されています。下手するとコンペティターになりそうだけど、実は一緒にお仕事してみると良いものができるんじゃないかと思いました。

・高山 明さん(PortB主宰、ツアーパフォーマンス演出家)
今回、一番異色?で一番おかしい(ほめ言葉です)方だと思いました。やってることめちゃくちゃ変態です(ほめ言葉です)。時々、自分が天才だったらなぁと思うときがありますが、そのときにイメージする天才に近い方で、ちょっとジェラシーでした。なかなか質問の機会が無かったのですが、お話しできたら、高山さんにとって観客ってどうとらえているのか聞きたかったなぁ。


その後、立食の懇親会では学生達と話をしました。
学生と話をするのは久しぶりで楽しかった。少なくとも自分が学部生の時はこんなに先のことを考えてたりやりたいことがしっかりあったりはしてなかったなぁなんて思いながら、偉そうに自分の経験を話してしまいました。

さらに3次会は残った男三人で行きつけのバーに。(田町周辺はホームグラウンドなので)
一人は大学2年生で、就職や研究や、どうしようかいろいろと悩んでいるとのこと。おじさん二人で結構辛口で話をしてしまって、お店を出たら夜中の3時過ぎでした。


それにしても。

ああ、プロジェクトやビジネスや、面白いことはこういう感じで人と人の出会いから発生していくんだろうなぁと感じました。
だからみんな、東京に集まっちゃうんだろうな、と。

加藤さんはもともと京都だったけど、今はほぼ東京にいてスタッフも東京の方が多くなったとのことだし、そういえばデータ復旧センターの藤井さんからも早く東京においでよっていつも言われるし。

自分には福岡と東京の半分半分の生活が今のところバランスが良くてしっくり来ているけれど、こういうときだけはちょっと悔しくてちょっと羨ましい気持ちになります。

武山さん、次回も期待しています。
また呼んでくださいね!


スポンサーサイト

  • 2012.07.23 Monday
  • -
  • 14:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お、誘ってください。ぜひ!
  • 加藤
  • 2011/03/10 2:57 AM
ありがとうございます!
早速来週あたりにお誘いの連絡をすると思います。
  • シュンスケ
  • 2011/03/10 2:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links